毎日のお金も、一生のお金も、
あなたらしく改善。

個人の多様性を、"お金" の面から寄り添い、
行動の変化につなげたい
そのための価値提供を一緒に行う
仲間を募集しております

Zaim とは

さまざまな人生に、それぞれの楽しさを

900 万ダウンロードという圧倒的シェアを獲得してきた家計簿サービス「Zaim」を提供しています(Android, iPhone, iPad, Web 版)。「毎日のお金も、一生のお金も、あなたらしく改善。」をテーマに、日々の家計簿から生涯に渡る家計の見直しまで、一人ひとりの人生とお金に寄り添うサービスを誠実に設計しています。また、地域や社会とのつながりも重視し、オンライン家計簿ならではのデータ解析による価値を提供しています。

くわしく見る

代表メッセージ

私たちが作っているのは「節約ツール」ではありません。「資産運用ツール」でもありません。一人ひとりが「好きだ」「楽しい」と思えるものを肯定し、人生でやりたいこと・やるべきことを実現するために生まれたサービスです。例えば休日に大人数で賑やかにキャンプするのが楽しい人もいれば、苦手な人もいます。時間さえあればゲームをし続ける人もいれば、そんなことはくだらないと思う人もいます。病気になった家族の世話や、子どもの習い事の送り迎えに時間を割くときもあります。そうした一人ひとりの多様性を、"お金" の面から寄り添い、行動の変化につなげたい。そのための価値提供を、ぜひ一緒に作りませんか?ご応募お待ちしています!

株式会社 Zaim 代表取締役

閑歳 孝子

大切にする3つのこと

私たちは、より多くの人たちが行動を変えていける価値提供を重視しています。そのために大切にしているのは以下の 3 点です。

ユーザー目線のマネタイズ

価値提供の土台となるのは、安定した収益を生み出すことです。ビジネスを考える際、Zaim では必ず「それはユーザーにとってメリットがある取り組みなのか?」を問い直します。クライアントにとってもユーザーにとっても意味がある、新しい価値を提供できる内容になるよう、あらゆる可能性を考え実行しています。

個を尊重したチームワーク

ひとりひとりのメンバーが、自ら考え手を動かすことでサービス開発・経営戦略を進めています。それぞれが集中して仕事に取り組めるよう、リモート下においても開発環境やオフィスチェアをサポートする他、早起きが好きなスタッフが考案した、早朝に勤務を開始する前倒し勤務も活発です。Zaim は、それぞれの快適性、そしてチームとしての効率性を重視しています。

使う人とともに成長

Zaim には、月に 3,000 件を超える問い合わせが届きます。利用者一人ひとりの今の暮らしに沿ったサービス設計となるよう、立場を越えてメンバーでディスカッションするほか、オフラインイベントやヒアリングも定期的に実施。幅広い層のユーザーが直感的に使え、お金と楽しく向き合えるサービスを誠実に設計しています。

スタッフの声

取締役 VPoE and Product

高山 恭介

インタビューを開く インタビュー
執行役員 金融担当

土屋 亮

インタビューを開く インタビュー
執行役員 経営企画担当

綿島 琴美

インタビューを開く インタビュー
アライアンス

荒井 琢也

インタビューを開く インタビュー
サーバーサイド エンジニア

米山 直樹

インタビューを開く インタビュー
iOS エンジニア

住田 祐樹

インタビューを開く インタビュー
データサイエンティスト

林姚

インタビューを開く インタビュー

Zaim スタッフ公式ブログ

「毎日のお金も、一生のお金も、あなたらしく改善。」をコンセプトに、中のスタッフたちが、どんな風にサービスに向き合い働いているかを note で公開中です。

noteを見る

募集要項

Zaim はリリースから長期に渡り、アプリのカテゴリ別ランキング上位に位置する数少ない日本発のサービスです。また 2012 年秋に株式会社化して以降、大手流通や金融商品提供事業者との連携を進めています。よりよい生活をより多くの人に提供するために、日々情熱を持ってサービスの改善に尽くしています。採用について興味がある・会社見学をご希望の方はお問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

募集職種を見る
  • 雇用形態

    正社員

  • 給与

    月給制(経験・業績・能力・貢献に応じる)

  • 保険

    各種社会保険完備(雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険)

  • 諸手当

    交通費支給

  • 休日・休暇

    完全週休 2 日制(土・日) / 祝日 / 有給休暇(入社半年後に 10 日間) / 誕生日休暇/ ときめき休暇(趣味や旅行などリフレッシュするための休暇制度) / 年末年始休暇 / 慶弔休暇 / その他特別休暇

  • オフィス

    〒108-0073 東京都港区三田 1-4-28 三田国際ビル 23 階

募集職種を見る
取締役 VP of Engineering and Product

高山 恭介

Q

Zaim で働こうと思った理由を教えてください

もともと開発にあたって「便利なものを作る」ということにしか興味がありません。なかでも「自分自身が使うもの」ならより一層気持ちが入るはず、と思いその観点で仕事を探していました。そんな中で知ったのが Zaim というサービスでした。話を聞く中で、Zaim は「使ってくださるユーザさんの体験を向上させる」ということをものすごく重視しているという印象を持ちました。「良いものを作る」ということに集中できそうな環境だと感じられたことが入社を決めた理由です。また、技術者の採用は慎重にして少数精鋭だとのことで、レベルの高いメンバーと交わることが自身の技術力向上にもなりそうだというところにも大きな魅力を感じました。

Q

今取り組んでいることを教えてください

開発チームのマネージャーとして各エンジニアのマネジメントや、プロダクト全体の方向性の管理を行っています。業務を管理しながら目標を定めたり、「よもやま」という 1on1 の時間を設けて日常や会社のことを話し合いながら、エンジニアの業務の評価やレビューを行います。また、外部の会社と一緒に社内エンジニア勉強会の企画し開催もしています。 Zaim ではスケジュールやスピードだけを重視して、プロダクトの内部の設計や品質を犠牲にすることはまずありません。想定以上に時間がかかる場合でもじっくりと設計やテストに取り組みながらチーム全体で開発を進めていきます。安心感を持って開発を継続する環境があることは、エンジニアにとって大きなメリットだと感じます。

Q

Zaim のここがいい!を教えてください

わが家はまだ小さい子どもがいて夫婦交代で送り迎えをしているので、週に 2,3 回はそれなりに早く帰ることができる職場を探していました。Zaim では社員のそういった状況に応じた制度が豊富にあるので助かっています。例えば、フレックス制度はもちろんですが基本的に 10 時からの始業時間を前倒しにして早朝に勤務し、その分早く帰ることが出来る早出制度なども。1 日の勤務時間が短くても、全体で調整すれば良い点など柔軟な働き方ができます。もちろんその分アウトプットの質を上げていかなければというプレッシャーはありますが、もともと家庭を優先しつつも仕事で成果を上げていきたいと考えています。限られた時間のなかでも最大限のパフォーマンスを発揮するための良い刺激になっています。

執行役員 金融担当

Q

Zaim で働こうと思った理由を教えてください

外資系金融機関で働いていた頃に起きたリーマンショックで、家や職を失った多くの人たちを目の当たりにしたことが一番大きな転機でした。自分の金融知識と経験を活かして「人の役に立つお金のサービスを作りたい」と強く思うようになりました。Zaim は「家計簿」という観点からユーザーのお金の管理や悩み事に寄り添うサービスなので、自分のビジョンを達成できると思い、入社しました。

Q

今取り組んでいることを教えてください

銀行口座やクレジットカード明細等のサービス連携機能を整備する「データ基盤部」でマネジメントをしています。これは「今、自分の口座には全部でいくらあるんだっけ?」ということを自動的に把握できる Zaim でも重要な機能の1つです。電子マネー、インターネット通販などの明細も自動取得の対象で、そのために必要な開発はもちろん、銀行などの外部機関との折衝も担当しています。Zaim は、ユーザーがお金のことをあまり気にせずに「好きなこと」や「楽しいこと」に夢中になれるようなサービスになることを目指しており、ユーザーが簡単に自分のお金の状態を把握できるサービス連携機能の拡大は重要なミッションです。

Q

Zaim のここがいい!を教えてください

施策や方針の意思決定のスピード感が好きです。これはサービスのテーマ内容がシンプルかつ少数精鋭の組織だからこそ。ユーザーがより楽しくお金を使えるために必要なことは何なのか?逆にその目的にそぐわないものは除外できているか?など、ユーザー視点できちんと判断できる環境です。代表を含め社員全員がすぐに意見交換できるフラットな雰囲気があり、サービス作りに 100% の正解は無いけれど、その 100% に皆で一緒に近づこうとする姿勢がいいなと思っています。

執行役員 経営企画担当 兼 CCO

綿島 琴美

Q

Zaim で働こうと思った理由を教えてください

もともと、サービスのヘビーユーザーでした。家計管理は得意でしたが、ストレスがゼロになったのは Zaim を使い始めてから。「生活に欠かせない "お金" というテーマを、もっと楽しくできれば社会が変わるはず!」と自分の経験から実感しました。それができるのは、ユーザーと向き合いながら大きく進化し続ける Zaim だけだと感じ入社を決めました。

Q

今取り組んでいることを教えてください

経営企画部のマネジメントを担当しています。人事・採用・経理・総務・社内セキュリティに関するバックオフィス業務の他、ユーザー拡大に向けた広報・PR・コンテンツ企画など幅広く担当しています。サービスを広く長く大きくしていくため、色んな観点から自由に挑戦させてもらっています!

Q

毎日の楽しみを教えてください

プライベートでは子育てが中心の毎日です。時間のやりくりは確かに難しいですが、やっぱり子どもの成長は日々の大きな楽しみ。出産前から、時短・早出早帰り勤務に加えリモートワーク…と組み合わせて勤務することができ、理解ある環境に本当に感謝でいっぱいです!Slack にはパパママスタッフでの育児チャンネルもあり、弱音や喜びを共有でき励まされます。

アライアンス

荒井 琢也

Q

Zaim で働こうと思った理由を教えてください

学生時代、インターンで大手ベンチャー企業の新規 EC サイト立ち上げを経験し、WEBサービス運営に魅力を感じていました。 卒業後は SIer 企業に入りシステム営業として働いていましたが、働く中で、同じ IT でも WEB サービスとのベクトルが違うなあと感じるように。その頃転職サイトを通して代表の閑歳と話す機会がありました。当時のサービスの状況や会社が目指す将来像を聞き、もともとの自分のやりたいこととマッチしている感覚があり Zaim への入社を決めました。

Q

今取り組んでいることを教えてください

Zaim アプリ内の広告ディレクションが主な業務です。ネットワーク広告の収益最大化を目指し日々アップデートされるアドテクノロジーを広告事業者や社内エンジニアと協業しています。また、外部アライアンスも担当しており、サービス連携の機能拡張のため銀行や決済事業者等金融機関との API 連携の取り組みや、Zaim の広告枠・データ分析等のソリューション提案も実施。Zaim サービスのビジネス部分を幅広い範囲で担当しています。

Q

Zaim のここがいい!を教えてください

とても柔軟な価値観を持ったメンバーが多いことが、魅力だと感じています。私が入社した頃から、代表の閑歳が採用時のキーワードとしているのが「 Zaim っぽさ」。これが本当に感じられるメンバーたちばかりです。必要に応じて「リモートワーク」が利用できる制度も、開始当時は社員全員でルールづくりや、環境づくりを行いました。同じ社員でも、それぞれの生活事情があることを尊重した上で議論や実行ができるという点は、我々のサービスの中心にある「多様性を肯定する」という概念が、サービスにも社内にも息づいていることの証だと思います。

サーバーサイド エンジニア

米山 直樹

Q

Zaim で働こうと思った理由を教えてください

前職は受託開発系であったため、自らサービスに携われる事業会社で働きたいと考えていました。また、個人的な事情で遠方から通勤することになり、勤務時間など柔軟に対応してもらえる社風にも魅力を感じ、入社を決めました。

Q

今取り組んでいることを教えてください

サーバーサイド領域のリーダーとして、Zaim のバックエンドの保守、運用を担当しています。また、Web 版 の運用やサービス連携のため銀行やクレジットカードとの金融機関データ連携の仕組み化も重要な業務です。私自身はこれまで受託開発の経験しかなかったため、自社サービスという自由な環境ですぐに良いアウトプットが出せるかという不安が入社当初はありました。ですが、銀行の公式 API との連携業務は私たち自身が「Zaim としてどう利便性を高めるか」という自社サービス拡大への目的意識と、銀行からの受託開発的な面もあるため、ハイブリッドな視点での業務となります。これまでやってきた受託開発の経験もうまく活かせ、やりがいを感じています。

Q

こっそり特技を教えてください

私は遠方から通勤していますが、それでも無理なく働くことができています。ドア to ドアで約 2 時間、そのうち約半分が新幹線に乗っている時間です。よく「新幹線通勤は辛くない?」と聞かれますが、だいたい座れるので PC で作業したり、読書したり寝たりして快適に過ごしています。また、普通に業務をしていれば終電を気にすることも全くありません!仕事後の私用や勉強会のため勤務時間内で業務を終わらせるようにしている社員も多く、その点は Zaim の良い文化だと思っています。ちなみに、Zaim はお弁当持参の社員が多い印象です。(オフィス周りのランチ環境は充実しているのに!)かくいう私もおにぎりだけ持参して、オフィス内のリフレッシュスペースで休憩する日も多いです。

iOS エンジニア

住田 祐樹

Q

Zaim で働こうと思った理由を教えてください

メンバー全員がオーナーシップを持ってプロダクトを良くしていこうとしているのが感じられ、興味を持ちました。前職では「作って終わり」というプロジェクトが多かったので、企画から改善まで長期的に関わっていけるというのは大変魅力的でした。また、子育て中の社員と話を重ねる中で、この環境なら育児をしながらうまくやっていけそう!と思えたことも入社を決めた大きな理由です。

Q

今取り組んでいることを教えてください

iOS アプリ開発チームのリーダーとして企画やユーザーからの要望について開発チームとして意見を出しながら、機能の改善や追加を進めています。また、できるだけメンバーが開発に集中しやすいように、タスクの管理、他チームとの調整といったこともしています。とはいえ、自律的なメンバーばかりなので助かっています。

Q

Zaim のここがいい!を教えてください

開発者としては、ソフトウェア開発が好きな社員ばかりなので、設計や実装の悩みをわいわい話せる環境は嬉しいです。また、プライベートも考慮して働けるのも魅力。私には 2 人のこどもがいて、妻もフルタイムで働いています。私が保育園に送り、妻が迎えに行くというのがルーティンなのですが、妻の仕事の関係で私が迎えに行くことも。そんな時、フレックス制度や、場合によってはリモートワークを活用することで乗り切っています。リモートワークの日に、いつもより早く迎えに行ってこどもたちが喜ぶ顔を見るのは、なかなか良いものです。

ディレクター

星先瞳

Q

Zaim で働こうと思った理由を教えてください

元々は全く違う業界・職種で働いていました。Zaim を使い始めた 2012 年頃、たまたま代表である閑歳のインタビュー記事を読みました。記者として働いていたけれど、勉強して 29歳でエンジニアになり、1人で Zaim を作ったという内容でした。「今からプログラミングを勉強したら、私にも Zaim みたいなサービスを作れるのかな」と、ドキドキしました。閑歳は、私がエンジニアを目指すキッカケとなった憧れの人です。その後エンジニアになって数年が経ち、「まさか」と思いつつ、選考を受けたのがきっかけです。

Q

今取り組んでいることを教えてください

入社後 2 年間は、エンジニアとして銀行と連携して明細を Zaim に取り込む仕組み作りを主に担当していました。今は自分で希望して、ユーザー数拡大を目的とした新サービスの企画・設計や、既存サービス改修のディレクションなどを担当させてもらっています。それぞれ違う立場の社内スタッフにあれこれお願い事をしたり、たまにエンジニアとしても手を動かしつつ、ひとつのサービスを作り上げていきます。様々な業界で積んできた経験と、エンジニアリングの知識がうまく活用され、私らしく働けていると感じます。

Q

毎日の生活スケジュールを教えてください

5 時起床。6 時半に社内の早起き部のメンバーとオンラインで「おはよう」の挨拶をして、ステッパーをこぎながら、二宮金次郎スタイルで読書を 2〜3 時間。9 時にリモートで勤務を開始します。定時が 10 時ですが、都合に合わせて開始時間を調整できて、とても働きやすいです。お昼休みはたっぷり 2 時間とって、軽く筋トレ、自炊、映画鑑賞、最後にお昼寝 20 分。19 時過ぎに退勤したら、マンガやお風呂でリラックスして、22 時過ぎに就寝…という理想的な毎日です。ただ、大好きなお酒を飲んだ翌日は早起きに失敗しがちです(笑)

データサイエンティスト

林姚

Q

Zaim で働こうと思った理由を教えてください

もともと Zaim ユーザーでしが、ジョインしたきっかけはデータ分析担当としてのグループからの出向でした。当初は購買データの可能性の大きさが魅力でしたが、業務の中で社内の暖かい雰囲気と、スタッフのみんなが良いサービスを作るために頑張っている姿に心を打たれるように。「データ分析の結果をユーザーに還元したい」と思うようになって転籍を決意しました。

Q

今取り組んでいることを教えてください

データ分析チームの一員として、購買データや社内データの分析などを担当してます。リサーチ結果を広報・PR 活動に使ったり、クライアントと共にデータ解析に取り組むことも。また、マーケティングの一環として、サービスの各機能の利用率やキャンペーン参加状況などユーザー利用動向も分析。サービス改善への提案も重要な業務です。

Q

リモートワークの秘訣を教えてください

昼休みを最大 2 時間まで取ってしっかりリフレッシュするのがリモートの秘訣です。筋トレが趣味で、家にトレーニングスペースを作っているので、筋トレした後、軽くシャワー浴びたり。気持ちが切り替わりで午後の集中力アップにつながります。最近は筋トレサボり気味で、読書や散歩して昼寝する日もあります(笑)

デザイナー

須田 乙羽

Q

Zaim で働こうと思った理由を教えてください

「お金はあくまでも手段のひとつ」「個人や社会の多様な幸せをかなえたい」という哲学に共感して、デザインからそれをブランドとして体現したいと思い入社を決めました。社内の雰囲気も同様で、人や働きやすさが大事にされていると感じます。私は新卒入社で、当初業務がうまくこなせずつまづくことも多かったのですが、いろんな先輩方にじっくり話を聴いてもらったり、様々な仕組みを提案してもらい、一緒に問題解決に取り組んでもらいました。

Q

今取り組んでいることを教えてください

新機能の UI デザインを担当したり、チームでリブランディングを行なっています。新機能のデザインでは、UX の段階から議論に参加することができ、ユーザーヒアリングを実施して直接テスト版を触ってもらったりと、ユーザーファーストなものづくりをしたいデザイナーにとって最高の環境だと思います。

Q

Zaim の好きなところを教えてください

自分が作ったアウトプットにあらゆる立場の人から意見をもらうことが多いのがデザイナーですが、Zaim ではみなさん、優しくかつ率直にフィードバックをくれるので、批評されているというよりチームでデザインを作っているという感覚が強いです。逆に私自身もレビューする立場になることも多いですが、意見を否定されることはまずありません。風通しが良く職務に関係なく意見交換が活発です。ちなみに、私は雑談があまり得意ではないのですが、趣味ごとの雑談チャンネルがたくさんで、Twitter みたいに独りごと言える自由な雰囲気も好きです。